抜く技術

“抜き”に関して徹底的にこだわった世界トップレベルの匠の技術。髪の毛を2分割にできるレベル

細かく抜く
社内で作る金型を利用し、世界No.1の細かい抜きができます。髪の毛を2分割できるレベルです。日精電子を紹介する上で、最も基本的な「抜き」に関して、徹底的に追求した結果です。

厚いものを抜く
放熱性を追求した、比較的厚い板厚(3mm程度まで)の部品も取り組んでいます。ヒートシンク全般、半導体のパワーデバイス等の部品の一部に採用されています。

薄いものを抜く
紙ほど薄い金属材料を正確に、速く、きれいに打ち抜くことが可能です。
モーターに使用される金属部品の一部で、板厚0.03mmの採用実績があります。

 

加工技術

ミクロン単位の超精密の曲げ加工は30年以上の実績

曲げ加工
ミクロン単位を狙った超精密の曲げ加工が可能です。同時に、製品を積み重ねることを考慮した曲げ加工も提案できます。多くの半導体部品で、チップを搭載する部分(アイランド部)の曲げ加工に使用されています。

半抜き加工
プレス加工において、板厚の半分程度まで抜いた状態を、正確に繰り返し再現可能です。曲げと異なる製品形状が確保出来ます。

潰し加工
樹脂密着を目的とした部分的な潰し。平坦面を確保する目的のコイニング等、高精度のプレス金型を利用した加工が可能です。

 

自動化装置の開発

ISMART(自動化装置)
日精電子オリジナル製品 ismart(アイスマート)は、物理的に複数かつ独立して離れている機械や工程を、1つの『箱』の中に集約して製造ラインをまとめた装置です。ismart(アイスマート)を使えば、原材料の投入から完成品まで、一つの装置で製造が可能になります。製品の詳細情報はこちらです。